探偵作家・雑誌・団体・賞名辞典-ゆ-


結城昌治(ゆうき・しょうじ)

本名田村幸雄。1927年(昭2)、東京品川生まれ。結城昌治は都筑道夫とともに考えた筆名。俳人としても知られ、忘草亭と称する。国立東京療養所で結核療養中、福永武彦、石田波郷と知り合い、探偵小説に開眼する。
1959年(昭34)、「エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン」の第一回短編探偵小説コンテストに「寒中水泳」が一席に入選。
1958年(昭33)、多岐川恭が代表となり、河野典生樹下太郎佐野洋竹村直伸星新一水上勉とともに探偵作家団体の「他殺クラブ」を結成。
1959年(昭34)、処女長編「ひげのある男たち」を刊行し、1960年(昭35)に第13回日本探偵作家クラブ賞の候補となる。
1960年(昭35)に刊行した「長い長い眠り」が、1961年(昭36)に第14回日本探偵作家クラブ賞の候補となる。
1960年(昭35)に「宝石」に発表した「坊主頭」は日本探偵作家クラブの「1961 推理小説ベスト20」に収録される。
1961年(昭36)に刊行した「仲のいい死体」で、1962年(昭34)に第15回日本探偵作家クラブ賞の候補となる。この作品は「ヒッチコック・マガジン」の1961年ベストで6位に選ばれている。
1961年(昭36)に「宝石」に発表した「葬式紳士」は日本探偵作家クラブの「1962 推理小説ベスト20」に収録される。
1962年(昭37)、「ゴメスの名はゴメス」を書き下ろし刊行し、スパイ小説の礎をつくった。また、この作品は1963年(昭38)に第16回日本推理作家協会賞の候補となる。1962年(昭37)に第47回直木賞候補となる。同時に「ヒッチコック・マガジン」の1962年ベストで1位に選ばれている。
1962年(昭37)に「宝石」に発表した「死ぬほど愛して」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1963年版」に収録される。
1963年(昭38)に刊行した「夜の終わる時」で、1964年(昭39)に第17回日本推理作家協会賞を受賞。
1963年(昭38)に「漫画読本」に発表した「死体置場は空の下」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1964年版」に収録される。
1964年(昭39)に「小説現代」に発表した「孤独なカラス」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1965年版」に収録される。
1965年(昭40)に「小説新潮」に発表した「六年目の真実」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1966年版」に収録される。
1965年(昭40)、「暗い落日」を「オール讀物」に掲載。
1965年(昭40)に「週刊朝日」に発表した「白昼堂々」が、第55回直木賞候補となる。
1966年(昭41)に「別冊小説現代」に発表した「女の檻」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1967年版」に収録される。
1967年(昭42)に「オール讀物」に発表した「風が過ぎた」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1968年版」に収録される。
1968年(昭43)に「問題小説」に発表した「残酷な夕日」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1969年版」に収録される。
1969年(昭44)に「オール讀物」に発表した「凍った時間」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1970年版」に収録される。
1970年(昭45)、「中央公論」に連作した「軍旗はためく下に」で、1970年(昭45)、第63回直木賞を受賞。
1970年(昭45)に「小説サンデー毎日」に発表した「汚れた刑事」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1971年版」に収録される。
1971年(昭46)に「問題小説」に発表した「裏切りの夜」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1972年版」に収録される。
1973年(昭48)に「小説新潮」に発表した「冷たい炎」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1974年版」に収録される。
1975年(昭50)に「小説新潮」に発表した「喪中につき」は日本文藝家協会の「現代の小説 1975年度前期代表作」に収録される。
1977年(昭52)に「別冊文藝春秋」に発表した「首」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1978年版」に収録される。
1978年(昭53)に「小説新潮」に発表した「きたない仕事」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1979年版」に収録される。
1979年(昭54)に「小説新潮」に発表した「骨の音」は日本文藝家協会の「現代小説'79」に収録される。
1981年(昭56)に「小説現代」に発表した「偽りの構図」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1982年版」に収録される。
1983年(昭58)に発表した「バラの耳飾り」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1984年版」に収録される。
1984年(昭59)、「海」に連載した「終着駅」で、1985年(昭60)、第19回吉川英治文学賞受賞。
1984年(昭59)に「月刊カドカワ」に発表した「愛のしるしに」は日本文藝家協会の「ザ・エンターテインメント 1985」に収録される。
1987年(昭62)に「オール読物」に発表した「切符」は日本文藝家協会の「現代の小説 1988」に収録される。
1989年(平1)に「オール讀物」に発表した「約束」は日本文藝家協会の「現代の小説 1990」に収録される。
1990年(平2)に「小説新潮」に発表した「残照」は日本文藝家協会の「現代の小説 1991」に収録される。
1993年(平5)に「オール讀物」に発表した「チケット」は日本文藝家協会の「現代の小説 1994」に収録される。
1996年(平8)、呼吸不全のため死去。

幻影城掲載誌:43/日本長編推理小説ベスト99/別冊幻影城未刊行リスト/


夢野久作(ゆめの・きゅうさく)

本名杉山泰道。旧名は直樹。1889年(明22)、福岡市生まれ。父は玄洋社の頭株であった国士、杉山茂丸。慶応大学文科中退。喜多流謡曲師範の資格を持ち、能楽に造詣が深い。別名海若藍平、海、香倶土三島、土原耕作、香、Q、ゆめの・きうさくなど。
1915年(大4)、本郷の喜福寺で出家したのを機に泰道に改名した。号は萌円。放浪生活をおくったが、1917年(大6)、還俗。1917年(大6)には、沙門萌円名義で「謡曲黒白談」を発表。1919年(大8)には九州日報の記者となり、1920年(大9)に萌円泰道名義で「呉井嬢次」を発表。
1922年(大11)、杉山萌円名義で、長編童話「白髪小僧」を刊行。
1924年(大13)、杉山泰道名義の「侏儒」が「新青年」が募集した公募の探偵小説部門に選外佳作第一席に入選。1926年(大15)に「黒白」に発表。
1926年(大15)、「新青年」の募集で「あやかしの鼓」が二等入選。同じ二等入選に山本禾太郎の「窓」がある。
1928年(昭3)、「瓶詰地獄」を「猟奇」に発表。
1928年(昭3)、「新青年」に発表した「死後の恋」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第四号(1928年版)」に収録される。
1929年(昭4)、「押絵の奇蹟」を「新青年」に発表。
1926年(大15)、「ドグラ・マグラ」の初稿である「狂人の解放治療」に着手し、1935年(昭10)、幻魔怪奇幻想小説と銘打った「ドグラ・マグラ」を刊行。10年間推敲に費やした1,500枚の大部であり、作者も「これを書くために生きてきた」と語っている。日本屈指の名作として名高い。 1926年(大15)には、いったん完成した原稿を森下雨村に送ったが、原稿の下読みをしていた川田功が読んだだけで送り返された。刊行した春秋社は探偵小説とはそれまで縁がなく、夢野久作が喜多流謡曲師範だった関係で、宗家の喜多実るを通じて、春秋社社長の神田豊穂に話が持ち込まれた。これがきっかけで春秋社は探偵小説を数多く出版することになり、「探偵春秋」を発行するようになった。また、かつて角川文庫についていた帯の惹句には、「「ドグラ・マグラ」は、天下の奇書です。これを読了した者は、数時間以内に、一度は精神に異常を来たす、と言われます。読者にいかなる事態が起こっても、それは、本書の幻魔怪奇の内容によるもので、責任を追いかねますので、あらかじめ御諒承ください。=角川書店=」とあった。
1933年(昭8)、「氷の涯」を「新青年」に発表。
1936年(昭11)、上京中に脳溢血のため死去。

幻影城掲載誌:7/8/16/25/28/38/51/作家が語る探偵小説観/日本長編推理小説ベスト99/

夢野久作に関するサイト:「夢のQ・サクッ」


戻る進む